ご両親へ 資料請求 訪問予約
会社案内 〉 ブログ&コラム 〉 パーティー 〉 お電話 ◉
Gifu Marriage Association
GMA
30代・40代に人気の結婚相談所

岐阜の結婚相談所GMA

結婚相談所コラム

婚活ブログ&結婚相談所コラム
結婚相談所では男性不足? 婚活アプリには男の人が多いみたい。
モテ男になってみたい人のために、結婚相談所でのエスコート術。
「モテ男」と言う言葉を耳にすると、心地いいと感じる男性もいれば、不機嫌なってしまう男性もいるかと思います。でも、結婚相談所でいう「モテ男」と、一般市場でいう「モテ男」とは、少しだけニュアンスが違ってきます。つまり、ここでは結婚相談所で結婚相手を見つけた男性を「モテ男」と定義してみることにします。
まずモテ期についてですが、これは若ければ若いほどモテ期ということができます。つまり、年齢が若いうちに結婚相談所に登録するだけで「モテ男」になれてしまいます。
次に、スーツをビシッと決めた婚活写真を掲載してください。これだけのことで、結婚相談所では「モテ男」になれます。
次に、お見合いの際には、清潔感のあるダークスーツを着て、明るく丁寧に「初めまして、伊藤です。よろしくお願いします。」と挨拶するだけで、好感度を得て「モテ男」になってしまいます。
そして、デートの際に「モテ男」になるには、「レディーファースト」が必須です。そのレディーファーストというのは、女性を優先するということではありません。女性を大切にするということです。例えば、待ち合わせでは、女性より早く着いて目立つように待っていてあげる。女性が歩きやすいように気を配る。店のドアを開けてあげる。女性に座りやすい席を譲る。エレベーターでは、先を譲って、到着フロアのボタンを押してあげる。たったそれだけのことで大丈夫です。
最後に、自分中心の言動を控えれば、皆さんは「モテ男」の仲間入りです。ここでいう自分中心とは、相手に求めることを表現することを意味します。例えば、「ボクは家庭的な女の人が好きなんです。結婚したら炊事・選択・掃除はお任せしたいんです。そして、できたら共働きで。」結婚相談所で婚活しているわけですから、結婚相手として魅力を感じてもらわなければいけません。次のように言葉を置き換えてみてください。「洋子さんは家庭的に見えますよね。でもボクは家事分担派なので、手伝わせて欲しいな。仕事を一生懸命して楽をさせてあげたいと思ってますが、やりたい仕事があったら、続けてもらっても構いませんよ。」
女性は、男性に強要されることに慣れていません。そして、男性から大切にされることを嬉しく思います。よって、大切にしてあげた後の要求には寛容です。また、男女を問わず、相手を結婚相手の候補と思ってしまうと、理想の結婚像を描いて相手に要求してしまいがちですが、まずは相手にしてあげたいことを表現するように心掛けると場の空気が良くなってきます。それも、エスコート術なのですね。
このように、結婚相談所で「モテ男」になるのは、案外簡単かもしれませんね。
でも、あえてここで付け足したいのですが、結婚相談所で結婚相手を見つけるには、エスコート術をマスターして「モテ男」になることは近道ではあるかもしれません。でも、結婚相談所には相談できるアドバイザーが待機しています。そして、そのアドバイザーと一緒になって婚活を進めていくことが、より近道だといえるかもしれません。

ブログ&コラム・メニューに戻る
岐阜の結婚相談所GMA
「結婚相手が見つかるまでの流れ」を確認してみる。
会員活動の流れ
私が希望する相手はいますか?
来社予約する
まずはキャリア20年以上のプロに相談してみる。
お急ぎの方はお電話で承ります。
      水曜定休 10時~
●メニュー ブログ&コラム 〉 パーティー 〉 トップページ 〉
サービスの特徴  〉
会員活動の流れ  〉
会員情報     〉
料金プラン    〉
ご入会の手順   〉
他社と比較    〉
スタッフ紹介 〉 会社案内 〉 よくあるご質問 〉
アクセス 〉 ご両親へ 〉 個人情報保護方針 〉
岐阜の結婚相談所GMA
〒500-8844
岐阜県岐阜市吉野町5-16 Mビル3階
0120-263-708(お問い合わせ専用)
058-263-7220(会員の皆様専用)
gma@gma.onamae.jp